新潟の合宿免許に参加している間に気をつけたいこととしてまず挙げられるのは、決められた時間を厳守することです。教習スケジュールは前もって決められており、それを勝手に変更することはできません。しかし、朝寝過ごしたり、うっかり教習時間を忘れていたりして時間をすっぽかしてしまう人が少なくありません。スケジュールをきちんと守らないことによって、後からどこかで調整せざるをえなくなったり、それが原因で最短での卒業を難しくさせてしまったり、さらには追加の費用が発生してしまったりということにもなりかねません。毎日のスケジュールをしっかり頭に入れておくのはもちろんこと、スケジュール表をいつも持ち歩いて、ことあるごとに確認するようにしていくと良いでしょう。

教習生同士のトラブルには注意しよう

新潟の合宿免許に参加している間に気をつけたいことの二つ目は、他の教習生とのトラブルに注意することです。知ら無い者同士が2週間共同生活をすることになるので、些細なことからトラブルに発展することも考えられます。また男女間のトラブルにも注意が必要です。もし不安な方は、女性専用宿舎が用意され、セキュリティにも気を使っている自動車学校を選ぶようにすると安心です。もちろん、新しい出会いが待っているという可能性も大いにあります。参加者の年齢は20代前後が中心です。その意味では話しやすい雰囲気があります。せっかく同じ釜の飯を食うわけですから、楽しい2週間でありたいものです。自動車学校のほうでも様々なイベントを設けて、楽しく過ごすことができるように工夫してくれています。

貴重品と体調管理には注意しよう

新潟の合宿免許に参加している間に気をつけたいことは貴重品の管理です。ホテル住まいの場合それほど心配はありませんが、専用宿舎を利用する場合は、きちんと鍵をかけることや、貴重品を部屋の中においていかないことなど、最低限の防犯意識を持つ必要があります。大勢の人たちが集まるところでは、盗難は常に注意事項です。また体調管理にも気を付けなければなりません。慣れない生活、そしてハードな毎日ですから、体調を崩してしまうということは十分あり得ることです。そうならないためにも自己管理を徹底し、夜更かしはせず、明日に備えるようにしましょう。また、食事が美味しいのでついつい食べ過ぎてしまいがちです(特にバイキング形式)。しかし、食べ過ぎも体調を崩す大きな原因の一つです。