新潟の合宿免許に参加することが決まったら、「何をすれば良いのか」を考えましょう。そもそも、免許合宿に参加する時にはほぼ共通しているポイントになるので、ほかの地域で開催される免許合宿に参加する場合でも覚えておいて損はありません。では、何をやるべきなのかについてですが、大きく分けて「教習に対する準備」と「快適な生活をするための準備」があります。どちらもしっかりと準備をしておけば、快適な環境で教習カリキュラムを受けることができますが、どちらも準備不足の場合はその可能性が低くなります。もちろん、何の準備をしなくとも非常に快適な環境で利用できる可能性もあるでしょうが、「運頼み」になってしまうよりも狙ってそうした方が良いのは確実です。それでは、具体的なポイントを見ていきましょう。

周辺環境の把握とそれに対する対応策を考える

新潟の合宿免許には、「雪が降る地域である」といった特徴があります。また、「信号機が立て向き」「道路の両サイドに道路幅を示すポールが立っている」などの豪雪地帯特有の道路環境もあるので、首都圏から参加している人にとっては、戸惑ってしまう要因があります。また、教習時間外の生活環境がどのようなものなのかを把握できていないと、自由時間に何もすることがない暇な時間を過ごさなければいけなくなることもあるので、あらかじめ周辺の環境や地域性について勉強しておくと効果的です。インターネットで情報収集をする方法が効率的ですが、もしも、それだけでは十分な情報を得ることができない場合は、同じくインターネットを活用して「体験談や口コミ」を参考にする方法も検討すると良いでしょう。

最短卒業を目指すための準備をする

特に、雪に接することが少ない地域から参加する人にとっては、新潟の合宿免許は環境的に不利になる可能性があります。時期によっては何ら問題が出ない場合もありますが、冬季に参加する場合は十分に注意しましょう。また、その時の状況に応じて様々な対策法を検討しておくことによって、最短卒業の可能性を高めることができます。例えば、雪対策をまったくしていない状態で参加している場合よりも、知識の上だけでも雪対策ができている場合のほうが安定感は増しやすくなります。地域ごとの特徴は、インターネットを使えば簡単に調べることができるので、心配不要です。また、免許合宿を主催している自動車教習所に問い合わせを行ってみて、より詳しい情報を確認するといった方法も検討しておくと良いでしょう。