新潟の自動車学校の中には、合宿免許を実施しているところがあります。自動車学校に通学しながら免許の取得をめざすのではなく、一定期間、自動車学校に付属する、または近辺にある宿泊施設に泊まり込みをしながら運転免許の取得をめざすものです。通常は、自動車教習所の近辺に住む人が通うのですが、合宿の場合は新潟県内に在住で通える距離にある人は参加することができません。隣県、もしくは遠く離れた都道府県から生徒を受け入れることとなります。教習所のカリキュラムにもよりますが、AT車で最短で2週間ほど、MT車で最短で16日ほどで卒業することができます。通学しながら自動車学校に通うよりも、短期間で卒業できるのが特徴です。まとまった期間を自宅から離れなくてはならないため、長期休暇がある学生に人気です。

新潟の合宿免許は費用が安いのが魅力

合宿免許の費用には、自動車教習にかかる費用に加えて、宿泊費や食費などが含まれます。通常で考えれば、自動車教習費以外にも宿泊費などがかかるため、費用が高くなるように感じますが、実は通学で免許を取るよりも費用が抑えられるのが特徴です。自動車学校によっては、自宅から自動車学校までの往復の交通費を出してくれることもあるため、行きと帰りの交通費の心配もしなくてよいことになります。新幹線の切符を支給してくれる場合と現金で支給してくれる場合があります。自動車教習を行う場合は、追加教習になってしまうことがありますが、合宿の場合は保証がついていることが多いです。ただし、学校によって年齢制限がかけられることがあります。保証がついてれば、追加教習になったとしても、費用が必要ありません。

一人で参加しても楽しく友人とも参加できる

合宿免許には一人で参加することもできます。一人部屋を設定している教習所もたくさんありますし、逆にいろいろな友人を作りたければ、また費用を安くしたければ、相部屋を希望することもできます。仲良しの友人がいれば一緒に参加することもできます。その際は費用が少し割引になることもあります。また、2人部屋を希望することもできます。人気のある教習所の場合、夏休みや春休みは早い段階で予約がいっぱいになってしまうので、希望する教習所がある場合は、また混雑する時期は、なるべく早く手配を始めるのが得策です。逆に、費用を安くしたい方で学生でないのであれば、春休みや夏休み以外の時期を狙うと、かなり費用を抑えることができます。空いている時期は、一人部屋の追加料金を支払わなくても一人部屋にしてもらえることもあります。